関東地震を予測して被害を最小限にしましょう

災害が起こる前にできる事

地震

冷静な行動をとるために

日本では地震に備えるため、また地震の被害を最小限に食い止めるため、地震予測情報を公開してくれるサービスがあります。地震予測情報とは、多くの場合あらゆるデータを解析し、その結果をメールなどで配信してくれるものをいいます。これにより、あらかじめ地震の発生を予測することができ、事前に避難の準備や避難場所の再確認を行えるようになります。もちろん地震予測情報を入手する前に避難場所については確認しておく必要があります。自宅に居るとき、または職場に居るときなど、時間帯によっても避難場所は用意しておかなければなりません。ライフスタイルに合わせていつ地震が起こっても冷静に避難できるように、確認しておきましょう。地震が発生した時の避難場所として適している場所は、耐震性のある建物です。また、津波の危険が考えられる地域においては、できるだけ高い場所に避難しなければなりません。もちろん避難場所のみならず、避難経路も考慮する必要があります。例えば、地下鉄や地下街は密閉されているため、ガス漏れや火災のパニックに陥ることも考えられますので避けるべきです。また、自宅に居る場合はすぐにドアを開け、閉じ込められることがないように避難経路を確保することも重要です。この他にも、各市町村が出している防災マップなどの確認はあらかじめしておかなければなりません。地震予測情報を受け取る前にこれらのことを確認し、いざという時に冷静な行動をとれるよう心がけましょう。