関東地震を予測して被害を最小限にしましょう

地震

災害が起こる前にできる事

地震の兆候は、地震予測情報として事前に受け取れる場合もあります。しかし、地震予測情報を受け取る前に、あらかじめ避難場所を確認しておくことは必要です。付近の耐震性の高い建物をチェックしておいたり、避難経路を確保するなど普段から気を付けておきましょう。

災害

長周期の揺れとその対策

かつてはさほど警戒する必要がなかった長周期地震動ですが、超高層ビルの乱立とともに、これまで予想されていなかった被害が明らかになってきました。しかし、超高層ビルの上層階でも室内物品の固定によって、人的被害を大幅に減らすことが可能です。

身を守る

女性

自然災害はいつ起こるのか分からない場合も少なくありません。しかし、最近は予測の方法が研究されているため関東地震のようにある程度は予測できるようになっています。その方法は、様々ですがプレートと呼ばれる地震の原因を観測することで予測する方法や、自然を観測して地震の予兆を調べるといった方法を使う場合もあります。関東地震を予測することができれば、事前に対策を取ることができるため被害を最小限に抑えることもできるでしょう。関東地震の予測の方法ですが、地震の研究をしている人や専門的な知識を持っている人なら、直ぐに判断し行動することができます。しかし、専門的な知識を持っていない人は直ぐに判断することも、行動することもできません。そのため、地震が続くと不安に襲われてしまうという人も出てきてしまいます。そういった場合は、地震速報などを利用し、いつ地震が起こるのか地震以外の現象は起こらないのかという事を確認しておきましょう。関東地震などが起きる前に周辺地域で大きな地震があれば、その余波がどのぐらいで関東まで到達するのか測ることができるため、直ぐに判断し行動することができるのです。関東地震が起きると大きな被害が出ることは想定されているため、自分たちには関係ない話と思わずにしっかりと、予測の方法または避難方法や災害グッズなどを準備しておくようにしてください。そうすることで、関東地震が起きたとしても慌てることなく行動することができます。

日本列島

在宅避難への備え

在宅避難とは、災害時に避難所ではなく自宅で生活を続けることです。在宅避難のために、一週間分の飲料水、食料、生活用品などを備えましょう。地震予測が住んでいる地域にされているならば、付近の住民たちと普段から交流し、共用の備えをしておくことが重要です。